こだわりの設備紹介

ご納得いただける治療のために

鳥羽歯科医院では、患者様が安心して治療に臨めるよう、安全性に配慮した最新鋭の設備を整えています。より安全・確実な治療をご希望でしたら、ぜひ当院にお越しください。

インプラント治療専用のオペ室

インプラント治療専用のオペ室

手術時に起こる可能性のある感染症を防ぐために、一般診療を行う場所とは別に清潔さを重視したインプラント治療専用のオペ室を完備しています。

オペ室は完全個室となっており、手術を安全に進めるための最新機器が整っています。

歯科用CT

日本トップクラスの歯科用CT(MORITA社製「3DX」)

日本トップクラスの歯科用CT(MORITA社製「3DX」)
当院では、インプラント治療の前に必ずCT撮影を行っています。CT撮影ではコンピューターを用いて骨の断面を3Dで確認できるため、神経の位置や骨量が正確に把握できます。安全に手術を行うためには必須の機器です。
多くの歯科医院では、CT撮影のために外部の専門施設を利用していますが、当院では院内にCTを導入することでスピーディな治療が可能です。
また、歯科用CTについては様々なメーカーから出ていますが、当医院で採用している歯科用CTは日本トップクラスの歯科用CT(MORITA社製「3DX」)です。
他の歯科用CTと比べても細部まで確認できます。

インプランター

インプランター

インプラントを顎の骨に埋入するための手術では、より安全性を高めるために専用の機器「インプランター」を使用して回転数やトルクなどをコンピューター制御で管理します。あまり負担を掛けずに適切な位置に埋入できるため、手術による痛みや不快感を抑えられるだけでなく、治療時間の短縮にもつながります。

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリー

超音波によって、周りの組織を傷つけずに骨だけを切削できる機器です。切削する箇所の深さをコンピューター制御により正確にコントロールでき、神経や血管などを傷つけることなく手術が行えます。骨に厚みが足りない場合でも安全に治療できます。

オゾン治療器

オゾン治療器

酸素から作られる殺菌力の強い気体「オゾン」を活用した機器です。当院では最新型のオゾン治療器を導入しており、インプラント治療後の痛みや腫れを緩和するために活用しています。

レーザー治療器

レーザー治療器

当院では、手術時の出血や術後の痛みを抑え、治療後の回復を促進するためにレーザー治療器を採用しています。患者様の症状に合わせて、ダイオードレーザー・炭酸ガスレーザー・ソフトレーザーなどを使い分けて適切な治療を行うことができます。

滅菌機器

滅菌機器

埋め込んだインプラントが抜け落ちてしまわないようにするには、手術部位からの細菌の侵入を防ぐことが重要になります。当院では滅菌機器を2台使用して用途によって薬剤の有無などを使い分けており、厳格な体制で滅菌に取り組んでいます。

ぺリオウェイブ

ペリオウェーブ

インプラントを入れてもインプラント周囲炎になってしまうとせっかく入れたインプラントが台無しになってしまいます。ぺリオウェイブは、バイオジェルによって細菌を死滅させる光殺菌(PDT)による最新の歯周病菌殺菌システムです。

ぺリオウェイブの詳細はこちら

オゾン水生成器 C-7100

オゾン水生成器 C-7100

治療器具の洗浄はもちろん、歯石除去など歯周病治療時やスタッフの手洗いにも使用しているオゾン水の生成器です。化学薬品を使用していないため歯周病菌に薬品耐性を与えてしまうリスクも、副作用の心配もありません。オゾンの代謝物質は酸素と純水だけで、オゾンは約40分で酸素に置き換わるため安全です。

トップグラフトマテリアライザー

トップグラフトマテリアライザー

当院では、最新の顎骨再生治療方法として、トップグラフトマテリアライザーを導入しました。トップグラフトとは、インプラント治療など骨造成や骨移植をする際に用いる自家歯牙骨材で、このトップグラフトマテリアライザーにより、抜歯した歯牙を洗浄・滅菌・脱灰することにより感染に強く生体適合性の高い骨移植材料を作り出せます。

top page top