部分入れ歯からインプラントへ

部分入れ歯からインプラントにするメリット

部分入れ歯からインプラントにするメリット部分入れ歯は、歯を失った部分の両隣の歯を使って固定します。通常は金属製のバネを引っかけますが、長期間使い続けると、健康な歯は少しずつダメージを受けていきます。

インプラント治療は、周りの歯に一切影響を与えないという大きな特長があります。失った歯を取り戻すだけでなく、お口全体の健康を考えるなら、部分入れ歯よりもインプラントのほうがメリットが大きいと言えます。

「1本の歯に1本のインプラントが必要」というわけではありません

インプラント治療は補う歯の数だけインプラントが必要だとお考えの方も多いのですが、その必要はありません。失われた歯が3本以上の場合、1本のインプラントで複数の歯を同時に補うことが可能です。

インプラントブリッジ

埋入したインプラントと上部構造をネジで固定してブリッジを取りつける治療法を「インプラントブリッジ」と言います。顎の骨に咬む力がしっかり伝わるため、本物の歯と同じような咬み心地が得られます。従来のブリッジのように周りの歯を使って固定する必要がないため、周りの歯にダメージを与えることなく治療できることが大きなメリットです。

【インプラント治療はもともと複数の歯を補うためのもの】

インプラント治療は、もともと数本の人工歯根で複数の歯を補うことを目的として始まった治療法です。今でこそ1本1本の歯を補う治療として知られていますが、複数の歯を補うことにも優れています。

たった1日で咬める歯が手に入る「1dayインプラント」

top page top